\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

あの人の話し方

「あの人の話し方」~池上彰さん

更新日:

 

 

「話し方」が素敵だな、憧れると感じている人を紹介する

「あの人の話し方」シリーズ。

初めての今回は、池上彰さんです。

 

(お写真、お借りしました。)

 

国民の多くが知っている

ジャーナリストですね。

 

NHKの記者を経て、現在はテレビ番組などで引っ張りだこ。

 

分かりやすい解説は、

「週刊こどもニュース」の司会のころと変わりません。

 

私独自の解説で、池上さんの「話し方」をひも解きます。

 

①ゆっくり話している。

池上さんは、子どもからお年寄りまで、
どの世代にも聞きやすい話のスピードが持ち味の1つです。

遅すぎず、早すぎず、

難しいニュースを解説するのに

とても絶妙なスピードだと感じています。

そのスピードは、いつも変わりません。

落ち着いて話をされているのが分かります。

話し手が落ち着いていると、

落ち着いているのが分かると、

もちろん、

聞いている側も

落ち着いて説明に耳を傾けられるのです。

話に集中できるのです。

 

②経験・知識に裏打ちされた確かな情報

これはもう、ご本人の経験と

たゆまぬ学びの姿勢ならではでしょう。

堂々とお話をされていることから、

信頼感はバツグンです。

 

③何より聞き手に語りかけている。

一方的になりがちな説明者という立場ですが、

そこは、きちんと相手=出演者と目線を合わせ、

コミュニケーションを取りながら、

話し、説明をしているので、

伝わりますね。

 

 

原田佳子が勝手に分析!

「あの人の話し方」シリーズ

これからもお届けします。お楽しみに!

 

-あの人の話し方

Copyright© プラチナトーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.