\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

聞き方

聞くだけで、人が自然と動く?!

更新日:

 

驚きのタイトルですよね。

本当にそうだったら苦労しない。

でも、本当にそうなんです。

 

ただし、聞き方にはポイントがあります。

 


まず、相手が聞いてほしいと思っていることを聞くこと。

 

例えば、会話の相手が、

「スポーツでは何が好きですか。」と

あなたに質問してきたとします。

あなたは何と答えようかと

必死に考えますよね。

 

そして、質問してくれた相手に

一生懸命好きなスポーツのことを伝えます。

もしかすると、好きな理由や

そのスポーツの魅力も添えて

話して伝えるかもしれません。

それだけ、”好きなこと”って

パワーの源なんだって思います。

 

さて、ひとしきり

あなたが話した後、どうしますか。

 

話題を転換?

別の質問を相手にする?

 

はい!

ここに、相手が聞いてほしいことが隠れているのです。

 

相手は、スポーツのことを話したいと思って。

 

もしかすると

 

相手の好きなスポーツの話をしたいと思って。

あなたに質問を投げかけたんです。

 

ということは・・・

あなたも

質問に答えたなら、

そのお返しとして

相手に、同様の質問をかえす

これが、会話のキャッチボールであり、

相手が聞いてほしいと思っていることを聞く

という行為になるのです。

 

相手も、自分の話したかったことが

ようやく言えて

気持ちもいいですし、

何よりも、

その相手との関係性が良くなりますね。

 

こういった会話のコミュニケーションを続けると、

やがて信頼感につながります。

 

 


次は、

聞くではなく、聴く姿勢で。

同じ「きく」ですが、違いがあります。

 

「聞く」・・・音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。

「聴く」・・・注意して耳にとめる。耳を傾ける。

 

同じ”きく”でも、意味合いは雲泥の差です。

「聴く」は、前のめりに、集中して、相手の話を聴いている

ということです。

 

忙しい時や興味のない事柄など、

受け流し的に聞いていた話を、

これからは、ぜひ、

「聴いて」みてください。

 

2つの聞き方のポイントを並べてみました。

 

これらを意識して行動するだけで、

変化を感じられるのは、

相手との信頼関係です。

 

相手からのあなたに対する信頼度がアップしていきます。

 

前提として、

あなたが相手の方のことを信頼したうえで

①②をトライしてみて下さいね。

 

-聞き方

Copyright© プラチナトーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.