\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

聞き方

「うなずく」時のコツ

更新日:

 

相手の話をうなずきながら聞くことが、

信頼を得るプロセスになることは、

以前のブログでお伝えしました。

 

それでは、具体的にどんな風にうなずけばいいか、解説しますね。

ポイントは3つです。

 

①まずは、相手の話の文の終わりでうなずく。

「○○なんです。」
「○○しています。」

こういった文の終わりで、うなずいてください。

話している人も、「聞いてくれている」と確認しやすいタイミングです。

 

②ただし、文の終わりに全部うなずいていたら、

話し手も聞き手も疲れてしまいます。

そこで、

文脈や、文節ごと、1つのお話の切れ目などで

うなずくことをお勧めします。

これも、話し手を安心させることにつながります。

 

③話を聞いていて

・感動した

・感銘した

・感心した

・ためになった

・参考にしたいと思った など

自分の心が動いた・揺さぶられた話を聞いた時は、

迷わずうなずきましょう。

 

これは、文の終わりや、文脈に関係なく、

心で感じたタイミングでうなずきをするといいでしょう。

 

相手も、「この話が、このエピソードが、相手に響いているんだ」

とスグに分かり、

お話がしやすいからです。

 

もっと伝えたくなって、

話しが膨らむかもしれません。

 

この3つのうなずきポイントを

まずは意識してみて下さいね。

 

-聞き方

Copyright© プラチナトーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.