\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

聞き方

何も持たないで聞くべからず

更新日:

 

大切なことを

伝えるとき

話すとき

あなたは

何も調べないで

何も用意しないで

臨みますか。

 

中には、準備は手ぶら状態のほうが

上手くいくという方も

いらっしゃるでしょう。

 

ただ、

お話が非常に得意だったり

誰に対しても どこでも どんな時だって

普段通りに話せることだったり

話すこと、伝えることに

まったく抵抗のない方に

限られると思うのです。

 

伝える時は不安

緊張する

という方が圧倒的に多いと思われます。

その方々にとっては

この”事前の準備”は非常に有効です。

 

私が普段ラジオの現場で心掛けていることを

3つ書いてみますね。

①事前に情報収集

お話を聞く相手の情報を事前に入手!

これをするかしないかで、

「聞く」本人の心の余裕が全く違います。

今やホームページやSNSで、

情報はいくらでも取りに行ける時代。

初めて会う方でも、

事前に少しでも相手のことを調べて知っておくだけで、

その後もご縁が続いたり、

関係性も変わってくるかもしれませんよ。

 

②度胸

相手がいる場合、

特にはじめまして、の場合、

空気が出来上がるまでは、

お互いに探りあっていませんか。

もちろんこういう時間があってこそのコミュニケーションですが、

ぜひ相手に話しかけたり、

自分のことを話してみたり、

質問を投げかけてみたり。

ぜひ、先手を打ってみて下さい。

そのための”度胸”です。

 

相手は、先手を打った人のことは

鮮明に覚えていることも多いものです。

 

③相手のことを想って

何はなくとも、

最後はやはり

人を想ってこそ

思いは伝わるということ。

 

機械的に

美辞麗句を並べたとしても

相手のハートには届きません。

お世辞同然です。

 

相手のハートに思いを届けるには

①で相手のことを知り

②の度胸も動員し

そして

③相手のことをしっかり考えて

はじめて

 

心をつかんで

心を動かすのです。

 

はじめましての機会のある方は、

この3つの掟を思い出してみてください。

 

-聞き方

Copyright© プラチナトーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.