\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

話し方

話すこと自体が苦手

更新日:

 

 

人前で話すことが苦手

そもそも話すこと自体が得意ではない

という方、いらっしゃいますね。

 

実は、私もかつてはそうでした。

小学生の頃、
授業中(確か音楽で、クラス皆で歌を歌っていた記憶があります)、
トイレに行きたくなったのですが、
あと○分我慢したら休憩時間に行ける、
と思ってガマンしていたんですよ。

でも、行きたくなった時って、時の流れが非常に遅い。遅く感じる。

どんどん顔も引きつってくる位なのに、

「あと少し、あと少し。。」ってガマンをし続けている。

そんな少女でした。

この時、すごく辛かったんでしょうね。いまだに覚えています。

 

思いはあるのに、

今、伝えなきゃいけないことがあるのに、

 

尻込みしてしまう

恥ずかしい気持ちがある

後回しにしてしまう

いつか・・と思っている

などなど。

 

どうでしょうか。

 

こう文字で見ていると、何ともモドカシイ(笑)かつての私。

こういった事は、メンタルと大きく関係しています。

 

 

ただ、

思いを伝えたい。伝えよう。伝わった。

というシンプルな行動なのですが、

心が必要以上にブロックしている。

 

恥ずかしい思い

トイレに行く事によって注目される

いじめられるかもしれない

とか。

 

はっきり言って、こういった思考は邪魔です!

子どもの頃は、でも必死だった。

そんな事も経験したからこそ、分かりました。

 

自分の思いを伝える大切さ。

 

では、”邪魔”な気持ちを排除して、

メンタルを整えてあげましょう。

 

1.羞恥心は必要ありません。
対相手と話すことは、対等な立場ですからね。

 

2.忍耐は必要ありません。
自分自身が快適でないと、話すことを楽しめません。
いわゆる、コミュニケーションが成立しないのです。

 

まずは、この2つから排除してあげて、
自分を大切に扱ってみて下さい。

その上で、
苦手意識をリセットしましょう。

 

「話すことはへっちゃら」

「話すことは楽しい!」と

唱えてみましょう。

上手く話している

楽しく会話している自分をイメージしてみるのです。

 

頭はいい意味で騙されやすいので、

ご自分の脳を、いい方向にだましてみるのもいいですね。

 

そうすると、

話すということが

特別なことではなく

ごくごく日常の自然なことであることに

改めて気付き、感謝の気持ちも芽生えてくるはずです。

 

-話し方

Copyright© プラチナトーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.