\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

シナリオ(構成)

話す時のシナリオは、何に気を付けたらいい?

更新日:

 

シナリオ作りで大切なのは、
人の心理に沿うこと、と私は考えています。

 

といっても、難しいことではありません。

 

人前で話すとき、

プレゼンや発表のときに使うシナリオは、

出来上がったら、

まずは客観的に俯瞰をしてみることは大切ですね。

 

ただ、自分で見直すだけだと、主観的になりがち。

伝わるか、という部分ではもう一歩です。

 

可能ならば、家族や、親しい人や上司や同僚に見てもらうと
効果的です。

 

自分ならば

上司ならば

男性ならば

女性ならば

○代の人ならば

など、

 

その伝えたい人の属性を考え

その人がどのようなとらえ方をするのか想像し

気持ちに寄り添って

言葉選びをしていくのです。

 

「えっ?!私のこと?」と、聞いている人をはっとさせる。

私ごとだと気付かせる。

 

 

 

これができれば、

そのプレゼンや発表の7割は上手くいっています。

心をつかめています。

 

もちろん、これだけではありません。

そのシチュエーションや相手との関係性によっても異なります。

 

また、言葉選びだけではありません。

「シナリオ」ですから、

どういった順序で話を展開していくかも

大切なポイント。

 

いつキーワードを出すのか。

いつ驚かせるか。

どこで決め手を持ってくるか。

 

シナリオと一言でいっても

色々と試しどころがたくさんあります。

 

ご自分のシナリオ作りで

パターンを試してみるのもいいですね。

 

-シナリオ(構成)

Copyright© プラチナトーク , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.