\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

話し方 緊張

緊張を吹き飛ばす2つのポイント

投稿日:

 

人前で話したり

自分の意見を伝えたりする時に

緊張してしまう原因を知れば、

その緊張はコントロールできます!

 

 

今回は

緊張のコントロールにつながる

その原因をひもときます!

 

 

===

 

 

人前で

ドキドキして

落ち着かなかったり

不安になったり

頭が真っ白になったり

 

 

できれば、

過度な緊張はしたくない!

 

そう思っている方は

よく読んでくださいね。

 

 

 

 

緊張の原因は、大きく2つあります。

 

 

まずは、人目を気にしすぎるから。

 

 

うまく話せるかな?

どう思われるかな?

 

などと、

緊張する時は

意識が外に向いていることが多いんです。

 

 

意識が外に向きがちで、

周囲が気になることが多い方は、

自分自身に意識が宿ると

周囲の目がだんだん気にならなくなります。

 

 

 

 

そして、もう1つの原因は

自信がないから。

 

 

 

なぜ自信が生まれないのか

というと、

 

 

伝える内容に自信がなかったり

人前に立つことに抵抗があったり

ということが考えられます。

 

 

 

 

私にも経験があります。

 

周りの目を気にしすぎて

ガチガチになって、

自分の思っていることを

半分も伝えられなかったこと・・

 

 

 

それから、

 

話そうとしている内容について

突っ込まれたらうまく答えられるかな?

と気になってドキドキしてしまったこと・・

 

 

 

 

でもね、安心してください!

 

この困りものの「緊張」は、

意識と練習次第で改善していきます!

 

 

 

 

周りの目を気にしすぎる傾向にある人は、

その意識を違うところに向ける。

 

 

 

話そうとしている内容について

突っ込まれたらどうしよう?

と思って緊張が高まる人は、

 

どうしよう?

と不安になるだけではなくて、

 

実際に突っ込まれた想定をして

どう答えようかな、と考えてみる。

 

 

 

話し方は、

自分の意識と練習次第で上手くなるんです!

 

 

 

 

この2つを進めていけば、

不安や自信不足を吹き飛ばしてくれます。

 

 

そして、過度な緊張で困ることなく、

思いを伝えられるようになりますよ。

-話し方, 緊張
-, , , , , ,

Copyright© プラチナトーク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.