\ 脱!キレイな話し方 /心を掴むシナリオ 心を動かす話し方 現役アナウンサーが教える! 人が自然と動くようになる極意

プラチナトーク

話し方 緊張

緊張はコントロールできる!

更新日:

 

 

あなたは、

 

感情に左右された

感情にとらわれた

 

という経験はありますか?

 

 

 

 

 

私は、結構あります^^

 

この「感情」が

話し方にも影響するんですよね。

 

 

 

 

 

楽しい! 嬉しい!と感じている時と

逆に

落ち込んでいる時や自信のない時とでは、

明らかに伝わり方の差が出ます。

 

 

 

 

先日、ラジオで耳にしたのですが、

人の感情がどのくらい続くのか

調査した結果があるそうです。

 

 

とても興味深かったので

皆さんにもシェアしますね。

 

 

 

科学者がアンケートを取った結果、

 

 

恥ずかしさは30分

驚き・恐れは1時間

妬みは2時間

緊張は2時間半

喜びは6時間

怒りは24時間

悲しみは48時間

 

 

それぞれ感情が続くんだそうです。

 

 

感情の種類によって

こんなに持続時間が変わってくるんですね。

 

 

 

 

 

注目すべきは、

 

「緊張」

 

2時間半持続するのだそうです。

 

 

 

長いと思いましたか?

それとも?

 

私は、結構長いんだなと感じましたね。

 

 

 

 

緊張するときは、

 

人前で話したり

発表したり

苦手なことに取り組む

だったり、

 

 

確かに

その行動をする前からドキドキしていますものね。

 

 

 

そして、

緊張タイプさんに多い「恥ずかしい」という感情

これは、意外と短い30分という持続時間です。

 

 

恥ずかしいな、どうしよう・・

と思っていることも、

 

 

「えいや!」とやってみると

思いのほか大丈夫だった

ということも多いのではないでしょうか。

 

 

 

こうしてみると、

ポジティブな感情も、

ネガティブな感情も、

持続時間の差はあれど

人間はきちんと感情の処理ができる。

 

 

改めて人間ってすごい!と思ってしまいました^^

 

 

 

処理能力がある

つまり、

感情は自分でコントロールすることができます。

 

 

 

もちろん、話すときの緊張も

コントロールできるんですよ。

 

 

 

 

人前で話したり

自分の意見を伝えたりする時に

緊張してしまう原因を知れば、

その緊張はコントロールできるのです。

 

 

-話し方, 緊張
-, , , , , , , ,

Copyright© プラチナトーク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.